http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

内覧に誘導する

中古マンションを売りに出して、「買主が見ないで買う」ということはまずありません。買主は、絶対に現物を見てからしか買いません。つまり「購入希望者が内覧に来る」というのは、中古マンションが売れるための非常に大切なステップなのです。まず内覧に来てもらわないと売れないのです。あなたがA不動産屋と専任媒介契約を締結した場合、どのような流れで内覧が行なわれるかということについて説明していきましょう。

①A不動産屋に、すでにあなたのマンションの購入希望者がいる場合。これは絶対にないことではありませんが、かなり少ないケースです。こういう場合であれば、A不動産屋は媒介契約を締結すれば、すぐにそのお客さんに物件情報を紹介して内覧に来られることでしょう。

②他の不動産屋の見込み客または他社のチラシに掲載されたあなたの中古マンションの情報を見た購入希望者が内覧を行な-っ「内覧にA不動産屋と一緒に他の不動産屋が一緒に来ている」という場合は、この②のケースです。

ほとんどの場合は、こちらのケースとなります。不動産屋はあなたと媒介契約を締結した後、専任媒介契約であれば媒介契約締結の日から7営業日以内、専属専任媒介契約であれば5営業日以内に「指定の流通機構」に物件情報を登録する義務があります。この「指定の流通機構」というのが、レインズのことです。

専任媒介契約にはこのような規定があるため、たいていの場合、不動産屋は媒介契約を締結後速やかに物件情報をレインズに登録します。すると、翌日もしくは翌々日にはあなたの物件情報が「新着物件情報」として、レインズに登録している多数の不動産屋に配信されます。

不動産屋は、新着物件情報に目を光らせています。なぜなら、自分のところに見込み客がいても「希望するマンション」がなければ絶対売れないからです。だから自社のお客さんに紹介できる物件が登録されていないかと、新着物件情報には目を光らせているのです。