http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

楽なローン

返済に追われ、人生の楽しみを犠牲にしない

中古マンション人気の主な理由に、「価格が手ごろ」ということが挙げられます。割高な新築マンションを買うには、多額の頭金やローンが必要です。人生は「家がすべて」ではありません。娯楽やスポーツ、旅行、人付き合いといった、やりたいこと、やるべきことが他にもたくさんあります。家のローンのせいで何もできないというのでは、極めて不本意です。

さらに、経済状況を考えると、昔ほど安定的な収入が望める時代ではなくなりました。失業や転職、収入減も、とくに珍しいことではありません。やがてローンの支払いが困難になる場合もあるということです。実際、住宅金融公庫では、ローンの支払い不能の人が急増し、破産者も増えています。

しかし、そのような状況にもかかわらず、ムリをしてでも中古マンションを買っておきたいと考える人が多いのも事実です。理由はいろいろですが、とくに目立つのは「老後の不安を取り除くため」です。日本では、高齢者がアパートを借りにくいという傾向(少しは変わってきていますが)があります。誰しも老後に、みじめな思いをしたくはありません。多額のローンは組みたくない。でも自分の家は持っておきたい。こうした希望をかなえてくれるのが中古マンションなのです。価格に柔軟性のある中古マンションなら、ムリのないマイホーム計画を立てることができます。

たとえば、新築マンションだと3LDKで4000万円する地域でも、中古マンションならば半額の2000万円で買えたりします。1000万円台でも探せるかもしれません。ムリをしなくても、「買える価格」を選べるのです。そして当然、価格が安ければ頭金もローンも少額ですみます。家にかかるお金を抑えることができれば、人生設計はずっと立てやすくなるでしょう。