http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

売買契約当日の流れ

中古マンション売買契約当日の流れは、次のような感じになります。

売主⇒ 買主の顔合わせ、挨拶⇒ 契約書・付帯設備の確認の読み合わせ⇒ 契約内容の確認⇒ 契約書に記名押印⇒ 手付金の授受⇒ 決済に向けての打ち合わせ、不動産屋への仲介手数料の支払い

契約はこのように進みます。確認する内容にもよりますが、時間にして1時間程度でしょう。

ちなみに、中古マンションの買主さんには売買契約の前に不動産屋からあなたの中古マンションについて法律で定められた事項を説明する重要事項説明というものがあります。このため、買主さんは契約の前日までに説明を受けるか、当日売主さんより初分くらい早く来ます。重要事項説明が終わるころに、売主さんが到着するという段取りになります。

では、流れの中から2つのポイントをお話ししていきます。

契約内容の確認

契約の前日までに事前に送られてきた案を読んで、内容を確認しておきましょう。買主さんも同様に契約内容を事前に確認しているはずです。不動産屋が契約書を読み上げますので、よく聞いてください。

このとき、今まで気がつかなかった疑問点がポンと出てくることがよくあります。この疑問点は、必ずメモをしてください。後で不動産屋や買主さんに確認しておく必要があります。付帯設備の確認も同様です。気がついた点は必ずメモをしておきましょう。ふと気づいた小さな疑問点が、実は大きな問題だったという可能性があります。

最後に不動産屋が「何か質問はありますか?」と聞きますので、記名押印の前に、必ず疑問点は解決してください。これは買主や不動産屋に対し失礼なことではありません。あなたの質問が後のトラブルを回避することになるのです。

契約書への記名押印

具体的な段取りとしては、まず名前や住所を全部書いた後に、まとめて印鑑を押していきます。たくさんの書類に住所と名前を書かなければいけないため、あわてて書かれる方が多いですが、落ち着いてゆっくり書いて構いません。

あなたは数か月前から「中古マンションを売りたい」と考え、いろいろと行動してきたのです。そしてこの契約の瞬間を待ち望んでいたはずです。その喜びをかみしめてください。「あなたの中古マンションがほしい」という素晴らしい買主さんと契約するのです。そして、この契約はあなただけでなく、買主さんにとっても素晴らしい喜びの瞬間なのです。だから落ち着いて、ゆったりとした気持ちで住所と名前を書いてください。

不動産屋に「縁をつなげてくれてありがとう」、そして買主さんに「私の中古マンションを選んでくれてありがとう」という気持ちを、言葉ではなく名前や住所を書くあなたの指先に込めればいいのです。あとは印鑑をご自身の手でしっかりついてください。「ありがとう」の気持ちを込めて。