http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

決済当日に持っていくもの

まず、必要な「モノ」から説明します。

  1. 権利証
  2. 実印
  3. 身分証明書(運転免許証・保険証など)
  4. 印鑑証明書
  5. マンションの評価を証明する書類(公課証明・評価証明)
  6. 鍵、引き渡すべき書類
  7. その他

このうち⑤については、不動産屋が用意します。また⑦については司法書士や不動産屋から指示があるものを持っていきましょう。

次に「お金」です。

  1. 司法書士への報酬
  2. 仲介手数料(仲介手数料残金)
  3. その他
  4. 振込手数料

ほとんどの取引の場合は①と②だけです。しかし、取引によってはその他支払いが生じる場合もあります。これについても、不動産屋によく確認しておきましょう。また、このお金に関しては、現金を用意して決済時に持っていく場合と、買主から受け取る代金の一部を現金で受領し、そこから支払う場合があります。そして、④について少し説明しましょう。買主は売主に対し、売買代金を現金で支払う形になります。買主からすれば、売主の前にお金を置けばいいのです。しかし受け取る売主としては、住宅ローンの一括返済もしなければいけません。また、多くの現金を持ち歩くことは危険です。このため、受領したお金を銀行口座に振り込みます。この振込手数料は、売主が負担しなければいけません。

「それは買主が振り込むのだから買主が負担すればいいのでは?」といわれる売主さんがいますが、振り込むのは「売主の都合で希望する口座に振り込む」のです。よって、売主に振込手数料の負担があることを認識しておきましょう。そして最後は「心構え」です。いよいよ待ちに待った決済の瞬間が訪れます。あなたは安心して、ゆったりした気持ちで臨むことができるはずです。なぜなら、ここまで読み進めたあなたは、もうしっかり準備ができているはずだからです。

不動産の取引において、失敗する要因はただひとつ。それは「準備不足」です。しっかり準備さえしていれば、安心してあっけないほどスムーズに決済ができます。小学生だったころ、翌日の授業の準備をしたことを思い出してください。ちゃんと準備をしていれば、忘れ物の心配はありません。当然のことなのです。これと同じように、きちんと準備さえしていれば決済は成功したのも同然です。決済に必要なものを、確認しながらカバンに入れていきましょう。また、あなたの隣には信頼できるパートナーである売却を依頼した不動産屋がいるはず。ここまで来れば、あなたの中古マンション売却は成功しかありません。自信を持って安心した気持ちで決済に臨みましょう。