http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

いらない最新設備

必要なものは後からいくらでも加えられる

「新しい」ということが、新築マンションの魅力であることは間違いありません。新しいのは、何と言っても気持ちのいいものです。また、最新の設備に夢の新生活を思い描いてしまう気持ちも、わからないでもありません。たしかにキレイさの点では、中古マンションは新築に見劣りします。

まず部屋のパッと見、内装は、壁や天井のクロスの張り替えでガラッと変わります。費用は数十万円、カンタンに汚れを落とすだけなら数万円台ですみます。少々お金はかかりますが、さらに畳や床(フローリング)も張り替えれば、新築と変わらない快適な空間になるでしょう。

一方、設備のほうはどうでしょうか。新築にあって中古マンションにない設備といえば、以下のようなものが挙げられます。

  • 風口口の追い焚き、換気、暖房など
  • インターネット環境(ブロードバンド化)
  • 最新のキッチン設備

これらもリフォームで、だいたいはすぐに変えることができます。いくつかの設備業者に「合い見積もり」を出させれば、かなり安く抑えられるでしょう。さらに新築マンションには、必ずしも必要のない設備がついていて、その分が価格に上乗せされていたりします。中古マンションであれば、必要だと思う設備だけを自分で選んでつければいいのですから、ムダな出費を防げます。

見た目の新しさにつられて新築を選んでしまうのは、非常にもったいないことです。内装にせよ設備にせよ、後からいくらでも新しくできるのです。大切なのは、後から変えられないもの、立地や日当たり、間取りなどです。これらに問題のない、割安な中古マンションを買って手を加えたほうが、ずっと賢明だと思います。