http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

不動産投資の注意点

もしもあなたが、不動産投資とは別の仕事を本業としているのならば、その収入で損失分をまかなうことができるかもしれませんが、ゆくゆくは不動産投資で生計を立てて行こうと考えている人にとって、これは死活問題になりかねません。これらを含んだ悪循環として考えられるのは、「入居者がいないから家賃をどんどん下げよう」→「それでも人が集まらないから更に家賃を下げよう」という風に悪いサイクルの中に入ってしまうと、相当苦しくなってしまいます。金融機関への返済金も滞り、自己資金を増加させることも難しくなってしまうので、次に一つ高いグレードの部屋を購入することは困難になってしまいます。ここで、あなたはおそらく「例えば東京都の中心部の人の往来が多い中にある物件などはどうか?」と思い着いているかもしれません。しかし、このような物件は、まさにベテランの不動産投資家が扱うレベルのもので、物件自体の価格も高いために大きな失敗がしづらく、さらにはベテランに混じって投資を行う必要があるため、その競争が非常に激しいと言えます。実のところ、むしろこのようなベテラン投資家と競争が出来ればいいほうで、優良物件の多くはベテランの不動産投資家と不動産会社の間でやり取りがされることが多く、ほとんどの優良物件は市場に出回ってくることが無いというのが実情のようです。このようなケースでは、初心者が不動産投資を行うことはまず難しいと言えるでしょう。さて、ここまでお話ししてきた中で不動産投資が物件を購入して入居者が入ったからすぐに儲かり、継続して安定して儲けることができるという類の投資ではないということをおわかりいただけたのではないでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *