http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

木造物件のいいところと注意点

アパートやマンションのような、多くの人が動く物件では、隣の部屋の音や、雨の音、床を踏み鳴らす音など、様々な生活騒音(環境音)が入居者にとってのストレスとなってしまうと好ましくありません。不動産会社としても、このような環境に関する点や、経年劣化などの情報は、特に入居希望者にとっての優先度が高い注意点である、と聞いたことがあります。さらに三つ目としては、天災のリスクです。近年、異常気象や大災害が起こることが多く、その中でも、大地震は、いつ、どこで起こってもおかしくないということがインターネットやニュースなどで声高に叫ばれるようになりました。過去の地震では、木造建築が倒壊して、倒壊した木材が発火して延焼して、大きな災害を産んでしまったという事実もあるようですね。水害においても、水を吸ってしまった木材は、水が乾燥しても使い物にならず立て直しを余儀なくされた建物も多い、とも聞いたことがあります。

さらに悪いことに、火災にも弱く、耐燃性のある木材であっても、その他の建築材と比べれば燃えやすく、被害を拡大させやすいという一面が、つとに指摘されています。木造建築は、このように、「昔ながらの作りで温かみがある」という魅力を差し引いても、かなり費用がかかってしまい、維持をすることが難しいということを鑑みれば、不動産投資には不向きであると言えるようです。こうなると当然考えられるのは「災害保険」の有効性についてですが、保険会社にとっても、様々な災害の被害を受けやすい木造建築は、リスクが多く、様々な災害保険を扱う会社でも保険料が割高であるという事実があるようです。ちなみに、保険会社はこれまでの災害をデータに、相当に細かい計算をして保険料を決めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *