http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

不動産投資必勝の条件

不動産投資に確実に勝つために必要なのは、いくつか条件があります。一つ目として、物件の最寄駅への距離が15分以内であるということです。当然のことですが、学生が通学するため、大人が通勤するために、なるべく駅の近くの物件を購入することはとにかくメリットしかありません。結局、物件が建ってしまった後は一切変更できないのが立地であるため、駅に近いほどその人気が高まるのは無理もないとは言えます。

例えば、都心で駅前10分の物件の人気などは相当高いものがあります。そのため、このような物件を取得することができるならば不動産投資に勝ったも同然なのですが、往々にして土地代が高く、物件の価格をも高騰させてしまうために、利回りが大きく下がってしまうのです。二つ目に「鉄骨造」がおすすめであるということです。鉄骨造の場合、耐久性が非常に高く、木造よりも耐久年数も長く、ある程度は安心して融資の返済をしたり、自己資金を増やすことができると言えそうです。さらには、居住の快適さもおすすめできます。木造と比べて気密性も高く、外気をしっかりと遮断してくれるために、快適に過ごすことが出来そうです。更に魅力的なのは、地震や火災などといった天災にもある程度の耐久性を兼ね備えているということです。これらを複合して考えると、不動産投資に最も適した物件や鉄骨造であると言えそうです。3つ目として、「物件は中古よりも新築のほうがおすすめである」ということです。中古物件は下限を探せばいくらでも安くすることができ、際限なく安い物件が競争のようにインターネットサイトでは出回っています。しかし、中古物件のメリットはこの一点に尽きてしまうかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *