http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

不動産屋とのトラブル、その実態。

多くの人にとって「マイホームの購入は人生に一度」となるかもしれません。ところが家を売る側の不動産屋はといえば、「一生に一度の取引」を毎日のように行っているのです。

国土交通省住宅局によるとある調査では、家を買う人の多くが、 今回の住宅取得が「初めて」と答えているのです。そのため、多くの購入者にとっては未知の体験ですから、手取り足取り習うことになります。ではそれを教えてくれるのは一体誰なのでしょうか。それも多くは不動産屋なのです。

不動産の売買について、 消費者から東京都都市整備局に寄せられた電話での相談内容の中には、不動産そのものというよりも、「契約」や「勧誘」など、不動産屋に対する苦情や紛争相談のものもあったようです 。

不動産屋とのトラブルは日本全国で日々起きています。 しかしマイホームの購入は人生の重要なポイントになる以上、消費者としてはこれ以上ないくらいに真剣に相談をしているはずです。

その原因は様々なものがありますが、それだけ多くのトラブルがあり他人事ではないということですから、注意をしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です