http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2016/12/64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/cropped-437679ab557c8661683e807c92fdaf41_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/3093b6ce6ca07afe40920f7291d5d32c_m.jpg
不動産―中古マンション
http://rendaslucrativas.com/wp-content/uploads/2017/01/bc05b8afc2d179140c9e2d4a315294ed_m.jpg
不動産―中古マンション

見込み客の内覧

中古マンション購入の見込み客が内覧に来た場合、、売主としてどのような準備をしなければいけないのか、そして、見込み客はどこを見るのかという、2点についておさえましょう。

①内覧に来た見込み客が見るポイント

まず玄関。玄関をきれいにしてください。玄関はあなたの中古マンションの顔です。入った瞬間の玄関のイメージは、大きく印象を左右します。そして玄関から入った内覧者が、最初に行くところはリビングです。生活する時間の中で一番長くいることになるリビング。内覧者はまずここを見ます。このリビングが気に入ってもらえれば、多少寝室が狭くても売れます。逆にリビングが気に入ってもらえない限り、中古マンションは売れません。

次にキッチン。毎日家事をする立場から見れば、キッチンの使い勝手は生活そのものの効率を左右します。よってキッチンの使い勝手、動娘はチェックの対象です。続いて、洗面所・お風日・トイレ。毎日使う水回りです。特にお風呂は広さもですが「浴室乾燥機」や「追い焚き機能の有無」などを気にされます。そして忘れてはいけないのはバルコニー。このバルコニーはきわめて重要です。一般的なマンションの場合、リビングからバルコニーに続いている間取りが多いです。その際、リビングが多少狭くても、バルコニーに開放感があれば全体としてゆったり広々した印象があります。

②内覧に来る見込み客を迎える準備

まず準備としては掃除・整理整頓です。これが基本であり、これがすべてともいえます。見込み客は「未来の自分の城」を夢見て内覧に来ます。ところが、玄関を開けて中古マンションに入った瞬間、靴が散らかっている。廊下にホコリが舞っている。洗面所やお風呂には髪の毛が落ちている。台所は洗っていない食器でいっぱい。リビングは散らかっていて、テーブルの上にはチラシが散らばっている。あなたが買主なら、こんな家に夢を持てますか?住みたいと思いますか?住んでいる状態で中古マンションを売る場合、アポイントなしで突然内覧に来ることはありません。必ず売却を依頼した不動産屋から「O日のO時」とアポイントが入ります。毎日お仕事や家事で大変かもしれません。しかし見込み客が内覧に来るということは売れるチャンスです。このチャンスをものにするためには、売主として手を抜いてはいけません。見込み客が見に来る前は、できるだけ掃除・整理整頓に努めてください。